【決戦】「お前誰だよ」「飯山あかり、本物だよ」アラビア語の専門家が小池百合子総理の芽を摘む?

裏金問題やハレンチパーティー事件で支持率急低下の岸田文雄政権。このままで自民党は空中分解することは間違いありません。そこでまたまた浮上しているのが東京都知事の小池百合子さんの国政復帰説。
4月の衆院補選で東京15区から自民党公認で出馬、国政に返り咲き「日本人女性として初の総理」となるというシナリオです。
しかし、これに猛烈に待ったをかけた女性がいます。飯山 陽(あかり)さん。東京大学で博士号を取得した日本のイスラム思想研究者でありアラビア語通訳の経験者。小池さんに対して「アラビア語で討論を」と挑戦状をたたきつけました。「カイロ大学首席卒」という経歴に詐称疑惑がついてまわる小池さんは「15区からの出馬」というカードを失いました。突如、現れた飯山陽さんとはいったいどんな人なのでしょう。一緒に見てみましょう。

 

TOC

このブログで分かること

●中東の専門家、飯山陽さんとはどんな人なのか
●飯山陽さんの家族は
●飯山さん操るのは百田直樹氏?

「本物」の中東専門家、アラビア語も堪能な才媛

1-1 「お前誰?」

「弁舌の切れでは安倍晋三元首相をしのぐ」。ジャーナリストの長谷川幸洋氏が飯山陽さんをこう評しています。日本保守党が公認候補として擁立することを決めた飯山陽さんは、街頭演説で「お前は誰だ? という人もたくさんいると思います。東京生まれ、東京育ち、48歳です!」と語り、群衆を沸かせました。思想研究者らしからぬ砕けた物言いで、庶民感覚を絶妙に織り交ぜながら、軽妙なしゃべりを展開、大衆の心を鷲掴みにしてしまいました。

 失礼ながら学者らしい高尚なタイプというよりは親しみやすい印象で、スタイルとしては東京都知事の小池百合子さんとよく似ています。ユーチューブも積極的に展開されている方ですから、よくも悪くも「ポピュリズム」を深く理解している方ですね。

1-2 著書多数、実力はホンモノ 

 飯山陽さんは1976年東京生まれ。イスラム思想研究者で麗澤大学客員教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得して退学しました。著書も多く『ハマス・パレスチナ・イスラエル』『イスラム教再考』『中東問題再考』 (扶桑社新書)、『イスラム教の論理』(新潮社)、『エジプトの空の下』(晶文社)などがあります。

1994年3月 筑波大学附属高校を卒業し、1998年3月 上智大学文学部史学科卒業、2000年3月に東大大学院修士課程修了、2000年4月 東京大学大学院博士課程に進学しました。アラビア語の通訳をしていた時期もありました。 

1-3 「小池百合子とアラビア語対決」

 飯山陽さんが小池さんを意識しているのは事実です。擁立会見で百田代表は「小池都知事が出てきたら、ぜひ飯山さんとのアラビア語の対決をやってもらいたい」と提案、自身も「(小池氏が)補選に滑り込んで、自民党の総裁になるというのが想定の中に入っていたとしたら、飯山陽が立った。誰? 無名で泡沫だが、若干気になる履歴がある。百合子帝王からしたら面白くない。赤じゅうたんにありんこみたいのがいて、邪魔じゃないですか。排除することはできない」と語りました。「アラビア語対決」をあおり、自分こそが学歴詐称ではない「本物の中東専門家」であることを周囲に印象づけました。裏を返せば、これこそが日本保守党または飯山陽さんの戦略の肝でもあります。

「東京15区で小池百合子さんが出馬する」という噂は本人が全く何もコメントしていないにもかかわらず日ごとに広がりつつあります。同時に「それなら『カイロ大学、首席で卒業』というあの問題の真偽はどうなのか」という疑念も深まっていきます。「東京15区→小池百合子→カイロ大学」という連想ゲームのなかで、あえて中東の専門家である飯山陽さんをぶつけたのです。結局は小池都知事の知名度に乗っかる作戦というわけです。

飯山陽さんはユーチューブの世界では多少、名前が知られた存在ではあるものの政治の世界ではまったく無名です。その飯山さんを「アラビア語対決」というキーワードで担ぎ出し話題にする。ベストセラー作家でもある百田尚樹さんのうまさでもありますね。

家族こそ「保守」の原点

2-1 飯山陽さんは既婚

飯山陽さんのご主人は佐々木亮さんという方のようです。佐々木さんはフジテレビで報道に従事されるいわゆる「硬派」と呼ばれるチームの方で、政治部、外信部を経て2011年からカイロ支局長に就任されました。中東地域を中心にリビア・シリアの内戦、ガザ紛争、中東の民主化運動「アラブの春」などを取材された経験をお持ちです。夕方ニュースのプログラムディレクター、東南アジア担当記者などもされており広い見聞と知識をお持ちの方と推察されます。佐々木さんがタイでお仕事をされていた時は飯山陽さんも一緒に滞在されていたようです。

2-2 夫婦でスーツを仕立てる

飯山陽さんとご主人の関係はとても良好なようです。ご主人が「スーツを仕立てたい」とおっしゃるので一緒に出掛けたところ、その様子を見ていて自分もスーツを仕立てたくなり、つくってしまった」といった事件もあったようです。いいですね。

それにしても夫婦でスーツをつくるなんて、なんてお洒落なんでしょう。

2-3 娘が一人、「反抗期もあった」

 飯山陽さんには娘さんもいらっしゃいます。計算では今年は中学2年生。ユーチューブでは「反抗期もあった」ことを明らかにしています。今はそろって仲良くお出かけすることもあるようですね。

2-4 「家族円満は保守の基本」

 飯山陽さんの「保守」という思想のなかに「家族円満は保守の基本」という考え方があります。アカハラ(アカデミック・ハラスメント)という言葉があることで分かるように、学者の世界は意外にトラブルが多く、飯山陽さんもその悩みを抱えていたようです。しかし飯山さんは、そういったハラスメントにも負けず「家に帰り、家族に食事を食べさせ、家族を守る。それが私の保守」とおっしゃっています。家族が基本なのですね。

娘さんが思春期の頃、反抗期があったことは述べましたが、「反抗しているうちはいいけれど、時には反抗したまま帰ってこないケースもある。それは家がどれくらい居心地のいい場所なのかということによる」とおっしゃっています。そして「子供に自分が受け入れられていることを実感させ家族こそ大切」と説いておられます。「安心できる家族は社会の礎」ということです。

2-5 先天性の病気持ち「ハゲがあります」

 飯山陽さんは「脳動静脈奇形」という先天性の病気を抱えておられます。脳動静脈奇形は、生まれる前(胎児期)から小児のときにかけてできる脳の血管の奇形で、ナイダスと呼ばれる異常な血管のかたまりを介して太い動脈と静脈が直接つながっています。通常遺伝することはなく、年間10万人に1人程度発生するまれな病気です。

脳の中に出血すると脳が壊れて脳出血となり、脳と脳の隙間に出血するとくも膜下出血にもなります。出血を起こさなくてもけいれんを起こしたり、まわりの正常脳への血流が奇形に取られて血液不足となり、認知症をきたしたり頭痛の原因となることもあります。

飯山さんは二度、開頭手術をしていまして、今も頭に「数カ所ハゲがあって、虎ノ門ニュースなどでおじきをした時にハゲが見えることもあるかと思いますが、あーあれは手術のせいなんだなあと理解してくださると嬉しいです」と説明されています。

さらに「あ、ハゲに他意はございませんので悪しからず」と付け加えられているのは飯山さんらしいですね。

ベストセラー作家の政治シナリオ

3-1 飯山さんは百田氏の政治目的の1ピース

東京15区からの飯山陽さんの出馬は、日本保守党の百田直樹氏の企画であることは間違いありません。「アラビア語対決」で風をつくり話題をつくる。そこに小池百合子さんが乗ってきても、乗ってこなくてもいい。どちらにしても今回の補選の目玉になり、国的なニュースになることは間違いありません。百田氏はそこを読んでいる。飯山陽さんというピースは、百田さんの構想にピタリとハマった感があります。

3-2 「日本が脅かされている」

百田氏らはすぐに議席を取ることよりも党員を増やすことを優先しています。ですから今回、飯山陽さんが当選するかどうか、そこはあまりこだわっていないのかもしれません

党員はすでに5万人を超えていますが、話題をつくりながら支持を集め、これら同じ価値観の人々と、風をおこし、世論を変え、政治を動かしていく。

 百田氏は「日本ほど素晴らしい国はないと私は断言する。その日本が脅かされようとしている。これらを座視していてはならない。断固として日本を守る――。そのための新たな政治勢力が必要です。 私の残りの人生を、この党とともに歩むことを誓う」

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。以下、まとめとなります。

まとめ

▼飯山陽さんは東大で博士号を取得した本物の中東の専門家。「カイロ大学首席卒」の小池百合子さんとアラビア語対決をしても負けることはない。
▼日本保守党から出馬した飯山さんの保守の原点は家族。ご主人も娘さんも大切にしている。
▼飯山陽さん、ベストセラー作家、百田直樹氏の政治目的の推進役。風を呼び話題をつくるための1ピースか。

If you like this article, please
Follow !

Let's share this post !

著者情報

ニックネームはハチマキめがね 。下水道の清掃員、マンホールから地下にもぐり数百匹のゴキブリとウンチまみれのドブねずみと対決→生鮮市場 でサンマやイワシなど小魚を売る。毎日、ギャング集団のマグロチームに追い立てられ少し弱り気味、、、。そんな中、日頃気になる話題を独自の切り口で語ってみました。「満月」のように太陽の光を浴びて夜道を照らすような存在でありたいと思います。よろしくお願いします!

TOC