MENU

板谷由夏の美容法は朝の冷えたシートパック 起きたら冷蔵庫に直行

永瀬廉が主演のドラマ「東京タワー」。

板谷由夏さん(48)の美しさが話題となりましたよね。

知的でシャープな板谷由夏さんの美しさには「東京タワー、苦手よ。寂しそうだから」という作家、江國香織さんの世界観を凝縮した言葉が似合います。

あの年齢であの美貌。

美しさを維持する美容法って何でしょう。

それは朝のキンキンに冷えたシートパックなんだそうです。

板谷由夏さんに美しさをキープする方法を教えてもらいましょう。

このブログのポイントは次の通りです。是非、ご覧くださいね。

●美容の秘訣は冷えたシートパック?
●道具は使わない?
●美容法の基本は?

目次

起床すると冷蔵庫へ

朝起きる→冷蔵庫に直行→顔にピタッと貼って子供のお弁当づくり。

これが板谷由夏さんの朝の風景なんだそうです。

お子さんは男の子が2人。

賑やかな朝なんでしょうね。

家事をこなしながら美しさを維持する努力も怠らない。

さすが女優さんです。

「美容方法は友達やプロに聞いて何でも試してきた」と言いますが、今でも律儀に実践しているのが、この朝のシートパックなんだそうです。

「夜は眠る前に、ほんの少し時間をかけてクリームでケアする」程度にしておいて、朝の元気な肌に、美しさの元となる栄養をドンドン与えてあげる

それが板谷由夏さんの美容法の決定版なんですね。

肌は寂しがり屋

大切なのは「肌との会話」だと板谷由夏さんは言います。

「例えば洗顔して、何もつけずに30分放置してから、指で直接肌に触れて、『お、今日は調子がいいぞ』とか、そういうことを確認したりします。『調子が悪いな』って思ったら、理由を探る。最近ロケ弁続きで、野菜が足りてないせいだな、とかね。」(FRaU)

肌から目を離さない。放っておかない。肌を独りぼっちにしないのです。

プロですね。

丁寧に肌と付き合っています。

そして肌が贅沢を欲してきたのを感じたら、「プロに任せたり、お金や時間をかけたり」するのだそうです。

肌を客観視するのですね。

デンキバリブラシは強い味方

小道具を使うことも躊躇しません。

とりわけ「デンキバリブラシ」は最近のお気に入りです。

先端から出る低周波が、頭皮や顔、首、ボディなどに適度な刺激を与えて、血行の改善が美を守ってくれるのだそうです。

「迷いに迷った」と言いますが、移動中の車の中などで、「もっぱら顔のコリをほぐしている」と言います。

食事は基本

ただ、基本もきちんと押さえています。

「美のために欠かさない習慣は?」という問いに対しては「旬のものを食べるようにしています」。

料理は好きなんだそうですが、そこはあえてシンプルな調理法を選択し、できるだけ旬の風味を損なわないよう気をつけて摂取するのだそうです。

自然の力をできるだけそのまま体に摂り入れられるよう気を配っているのですね。

ルーティンの3アイテム

ルーティンのスキンケアで欠かせない3つのアイテムとしては、「オイル」と「ローション」と「乳液」を挙げています。

オイルはブルーの瓶が綺麗なファティマ モロッコのオイル、ローションはスプレータイプのものを家のあらゆるところに置いていると言います。

ベッドリネンの素材には「お金を惜しまない」

また、欠かせないビューティアイテムとしてはベッドリネンの素材にこだわっています。

「ここにはお金をかけることを惜しまない」と言います。

快適な睡眠こそ、細胞を活性化させ美しい肌をつくる

この「美」の基本は外せないということでしょうね。

いかがでしたでしょうか。

徹底して「美」と向き合う板谷由夏さん。

プロですね。

50歳代になったら「旅は絶対したい」と言います。

きっと素敵な旅をされるのでしょうね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。以下、まとめになります。

●朝起床するとまずは冷蔵庫で冷やしたシートパック
●デンキバリブラシなど道具も使う
●食事、睡眠が基本、お金を惜しまない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者情報

ニックネームはハチマキめがね 。下水道の清掃員、マンホールから地下にもぐり数百匹のゴキブリとウンチまみれのドブねずみと対決→生鮮市場 でサンマやイワシなど小魚を売る。毎日、ギャング集団のマグロチームに追い立てられ少し弱り気味。市場の新鮮な旬の魚で一杯やるのが何よりの楽しみです。ド底辺の世界から世間をながめ、気になる話題を独自の切り口で語ってみました。「満月」のように太陽の光を浴びて夜道をやわらかく照らすような存在でありたいと思います。よろしくお願いします!

目次